スポンサーリンク

桃田 賢斗 vs リン・ダン (林丹) | バドミントン 2019 | バドミントン日本

桃田 賢斗 vs リン・ダン (林丹) | バドミントン 2019 | バドミントン日本

桃田 賢斗 vs リン・ダン (林丹) | バドミントン 2019 | バドミントン日本

Kento Momota 桃田 賢斗
桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 – )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表[1][2]。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。2013年よりNTT東日本所属。左利き。
BWF世界ランキング最高位は1位(2018年9月27日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。2015年にBWFスーパーシリーズ(現ワールドツアー)男子シングルスで日本人初優勝を達成。以降、同ファイナルズ(英語版)優勝(2回)、全英オープン優勝、世界バドミントン選手権優勝(2回)などを日本人男子選手として初めて達成している。
名前の由来はアメリカのコミック『スーパーマン』の主人公クラーク・ケントで、世界で一番強い人になるようにと名付けられた[3]。三豊市立吉津小学校1年生の時、姉が所属していた三豊ジュニアのコーチに誘われたのをきっかけにバドミントンを始める。6年生の時に全国小学生選手権シングルスで優勝。第5回日本バドミントンジュニアグランプリで香川県チームの一員として団体優勝[4]。福島県富岡町立富岡第一中学校3年生時の2009年、全国中学校バドミントン大会で優勝。全日本ジュニアバドミントン選手権大会でベスト4に入り、男子選手としては史上初めて中学生で全日本総合選手権の予選に出場した[5]。
高校[編集]
福島県立富岡高等学校進学後は2年生時の2011年に台湾の桃園県で開催された世界ジュニア選手権男子シングルスで準決勝まで進出。マレーシアのズルファドリ・ズルキフリ(英語版)に0-2(18-21, 18-21)で敗れて銅メダルとなった[6]。同年の全日本総合選手権では実業団選手を破り、初めて準々決勝まで進出し、第一人者の田児賢一と初対戦して敗れた。
2012年、アジアユース選手権男子シングルス決勝でスン・ジュ・ベン(マレーシア)を2-0(21-13, 22-20)で破り金メダルを獲得し、団体戦との2冠を達成。8月にインターハイ男子シングルスで初優勝。千葉ポートアリーナで10月に開幕した世界ジュニア選手権では団体戦で銀メダル。個人戦男子シングルスでは決勝で薛松(英語版、中国語版)(中国)を2-1(21-17 19-21 21-19)で破り、日本勢で初めてジュニア世界一に輝いた[7]。その後、高校卒業までにオーストリアで開催された国際大会などで優勝し、世界ランキングは50位まで浮上した。
実業団[編集]

2017年[編集]
2017年5月、違法賭博による無期限出場停止処分が解け、約1年ぶりの復帰戦となった日本ランキングサーキット大会に出場。決勝で上田拓馬を破り優勝した。桃田は試合直後、表彰式でも涙を見せ、「辛いときに支えてくれ、バドミントンの環境をつくってくれた方への思いのすべてが込み上げてきた」「今はどの大会が目標とかはない。それよりも相手への感謝などコートの中の振る舞いを見てもらい、応援したいなと思ってもらえる選手になりたい」と語った[18]。7月には自費で国際大会に復帰。復帰初戦のカナダオープンで準優勝すると、その後の国際大会で5大会連続優勝を果たした[19]。9月の全日本社会人選手権でも3連覇中だった坂井一将を破り優勝[20]。
12月の全日本総合選手権は準々決勝で優勝した武下利一に敗れたが、国内外の大会で好成績を残していること、武下に対してもシーズン2勝をあげていることが評価され、バドミントン日本A代表への復帰が決定した[21]。
2018年[編集]
2018年は3月にベトナムインターナショナルで優勝。ノーシードで出場した4月のアジア選手権では2回戦で同年の全英オープン覇者の石宇奇(英語版、中国語版)(中国)を破ると、準決勝でオリンピック3大会銀メダリストのリー・チョンウェイ(マレーシア)に対して初勝利。決勝でリオデジャネイロオリンピック金メダルで第3シードの諶龍を2-0(21-13、21-17)で破り初優勝を果たした[22]。日本が準優勝した5月のトマス杯も日本代表の一員として出場し、ビクター・アクセルセン戦や諶龍戦を含み自身が出場した試合は全勝した。
BWFワールドツアー(2018年よりスーパーシリーズに代わり開催)のマレーシアオープン(スーパー750)は決勝でLee Chong Wei(マレーシア)に敗れて準優勝。インドネシアオープン(スーパー1000)は準決勝でリー・チョンウェイ、決勝で世界ランキング1位のビクター・アクセルセンを2-0(21-14、21-9)で破って優勝した。
世界ランキングは急上昇し、8月の世界選手権(中国・南京)は第6シードで出場。国際大会復帰後、次々と強豪選手を破っていることから、優勝候補の一角にあげられた[23]。3回戦のアントンセン(デンマーク)戦で1ゲーム先取された以外はストレート勝利で勝ち進み、準決勝でダレン・リュー(マレーシア)に2-0(21-16、21-5)で勝利し、日本男子シングルス初の決勝進出を決めた。決勝では第3シードの石宇奇を2-0(21-11、21-13)で破り、シングルスで日本男子初の金メダルを獲得した。
8月下旬開催のアジア競技大会(ジャカルタ)は団体で銅メダルを獲得。個人戦は、団体戦で勝利していたアンソニー・シニスカ・ギンティン(英語版)(インドネシア)に3回戦で敗れた。
9月のダイハツ・ヨネックスジャパンオープン(スーパー750)では準々決勝で林丹と3年ぶりに対戦し2-0(21-8、21-10)で初勝利。準決勝はアクセルセン、決勝はコシット・フェトラダブ(タイ)に2-0(21-14、21-11)で勝利し、同大会男子シングルスで日本勢初優勝を達成。翌週の中国オープン(スーパー1000)では決勝でギンティンに敗れて準優勝。
9月27日発表の世界ランキングで、日本男子史上初となる男子シングルスの世界ランキング1位に就いた[24]。
12月、全日本総合の決勝で西本拳太を2-1で破り3年ぶり2回目の優勝。ワールドツアーファイナルでは決勝で世界ランキング2位の石宇奇に敗れて準優勝。
2019年[編集]
2019年3月、第109回全英オープン(スーパー1000)では準決勝までの4試合で1セットも落とさず、同大会で自身初の決勝に進出すると、決勝では第6シードのビクター・アクセルセン2-1(21-11,15-21,21-15)を破り、バドミントン界で最も伝統のある同大会の男子シングルスで日本勢初の優勝を達成した[25]。
4月のシンガポールオープン(スーパー500)では決勝で第7シードのギンティンを降し、同大会4年ぶり2回目の優勝を達成。武漢でのアジア選手権でも第2シードの石宇奇を2-1で破り2年連続の優勝を達成。
7月のダイハツ・ヨネックスジャパンオープンでは準々決勝でギンティン、準決勝はB. サイ・プラニース(インド)を下して決勝に進出。決勝では第6シードのジョナタン・クリスティ(インドネシア)を2-0(21-16,21-13)に勝利し、連覇を達成した。
8月の世界選手権(スイス・バーゼル)は1回戦でファム・キャオ・クオン(ベトナム)、2回戦でルイス・エンリケ・ペニャルベール(スペイン)にストレートで勝利。3回戦では2回戦で林丹を破ったH・S・プラノイ(インド)、準々決勝で第14シードのリー・ジージア(マレーシア)、準決勝で第16シードのB. サイ・プラニースに対してもいずれも2-0で勝利して決勝に進出。決勝では第5シードのアントンセンを2-0(21-9,21-3)で圧倒し、全6試合で1セットも落とさずに世界選手権連覇を達成した。
9月、中国オープンは1回戦から林丹、トミー・スギアルト、常山幹太、第5シードの諶龍を破り決勝進出。決勝では前大会決勝で敗れた第7シードのギンティンを2-1で下し、同大会で初優勝。翌週の韓国オープン決勝は周天成を、10月のデンマークオープン決勝は諶龍をそれぞれ2-0で下し、国際大会5大会連続優勝を達成。フランスオープンは準々決勝でギンティンに敗れ、国際大会での連勝は28でストップした。11月の福州中国オープンは周天成を2-1で降し、今季国際大会10勝目をあげた。全日本総合選手権は西本拳太を2-0で降し連覇を達成。
12月のワールドツアーファイナルは予選リーグから全勝で勝ち進み、ギンティンとの決勝となった。これを2-1で勝利し、4年ぶり2度目の優勝を達成。これで本年度の主要国際大会で11勝目となり、2010年のリー・チョンウェイが記録した年間10勝を更新した[26]。また、今大会に出場した時点で、2020年4月30日時点の世界ランクで16位以内かつ日本人2位以内となることが確定し、東京オリンピック日本代表入りが確実となった。

林丹(りん たん、リン・ダン、Lin Dan、 1983年10月14日)は、中国の男子バドミントン選手。身長178cm。北京・ロンドン両オリンピック男子シングルス金メダリスト。妻は2008年北京オリンピック女子シングルス銀メダリストの謝杏芳。

経歴

林丹
1983年に福建省上杭に生まれる。6歳の時に地元のスポーツ学校に入学。9歳の時に福建省のスポーツ学校に編入。その後、12歳の時に人民解放軍所属のバドミントンチーム八一隊に入隊。その後、着実に実力を伸ばし、18歳の時に中国代表に選出される。

ジュニア時代は、10代から既に世界ランキング1桁と早くから頭角を表していた同い年の鮑春来に次ぐ2番手の選手だったが、トップ選手の登竜門と言われるアジアジュニア選手権で優勝し、世界ランキングも急上昇。中国代表としての地位を確かなものにする。その後間も無く世界ランキング1位となり、2004年の中国国内の熾烈な五輪代表争いをトップで抜け、当然アテネオリンピックでは金メダル獲得を期待された。しかし本番で1回戦敗退という屈辱を味わう。しかし、その後のトーナメントでは本来の実力を発揮し、2007年まで世界ランキング1位をキープした。

北京オリンピックでは、全試合をストレートで勝ち、決勝戦でマレーシアのリー・チョンウェイを21-12、21-8の大差で下して金メダルを獲得した。この優勝によって、バドミントンがオリンピック正式競技となって以来続いてきた、「男子シングルスの第1シードは決勝に進めない、前年の世界選手権で優勝した選手は翌年の五輪で優勝できない」という2つの神話を一度に破った。

世界バドミントン選手権大会|世界選手権においては、2006年・2007年・2009年で三連覇を果たし(五輪開催年に世界選手権は開催されない。)、2011年にも優勝している。2011年の決勝戦でのリー・チョンウェイとの試合はバドミントンの歴史に残る試合だという評価がなされるほどの熱戦であった。

2011年のヨネックスオープンジャパン開催時に、ロンドンオリンピック後の予定について尋ねられ、「引退はしないが、出場する大会の数を減らすだろう」と答えている。

ロンドンオリンピックでは決勝でリー・チョンウェイを15-21、21-10、21-19とフルセットの末に下して男子シングルス初のオリンピック連覇を達成。

ロンドンオリンピック後にはほとんど国際大会に出場せず、世界ランキングが100位前後まで落ちたが、主催者推薦枠で出場した2013年の世界バドミントン選手権大会|世界選手権で5度目の優勝を達成[1]。その後の去就が注目されていたが、2016年に開催予定の2016年リオデジャネイロオリンピックまで現役を続行する意思を表明した[2]。

リオデジャネイロオリンピックでは準決勝でリー・チョンウェイに21-15、11-21、20-22とフルセットの末に敗れた。3位決定戦でもデンマークのビクター・アクセルセンに21-15、10-21、17-21で敗れ4位に終わった。

コメント