携帯料金安くなる?キャッシュレスはいつまでお得? 賢くお得に暮らすためには

キャッシュレス
スポンサーリンク
携帯料金安くなる?キャッシュレスはいつまでお得? 賢くお得に暮らすためには

わたしたちの生活に切っても切れないお金の新発見「家計をみがけ!」

携帯電話、保険、銀行、そしてキャッシュレス。
どれも、わたしたちの暮らしに深く関わるものばかり。

これらが2020年、どうなっていくのか。
気になることをそれぞれの企業のトップにずばり聞いた。

きらびやかなシャンデリアに、まばゆいばかりの金びょうぶ。
毎年恒例、経済団体の新年祝賀パーティー。

ここで、名だたる企業のトップに話を聞く機会を得た「Live News it!」。
街の人に、質問してみたいことを聞いた。

教育系(50代)「もうちょっと給料あげてもらえませんか? 」

運輸業(30代)「給料あげてくれませんかって感じで、直近の生活に影響するのはそれですから」

2020年、ねずみ年の給与、上げマウスか? 下げマウスか? ずばり答えてもらった。

第一生命・稲垣精二社長「アップで考えています」、「(だいたい、おいくらくらいアップ? )まだそれは組合交渉中なんですけど、働きぶり、職責に応じて給与はしっかりお支払いしていくと」

メルカリ・小泉文明会長「(給料アップかダウンかズバリお願いします)アップ。良い人材をどれだけ囲うかがとても大事なので、下げるという選択肢はないんじゃないか」

大和証券グループ本社・中田誠司社長「非常に難しい問題ですけど、希望も含めてやっぱりアップ。なんとか歯を食いしばって、従業員の給料が上がる方向に考えていかないといけない」

給料アップには、前向きな回答だった。

そうは言っても、毎月の支出で負担に感じている人が多いのが“あの”料金。

サービス業(30代)「携帯料金は安くしてほしい。もうちょっと安くならないですか?」

会社員(30代)「大手さんもどんどん安くしてもらえたら、家計もかなり助かるので、非常にいいかなと」

携帯電話料金は、本当に安くなるのか。

大手通信会社、KDDIの高橋誠社長を直撃した。

KDDI・高橋誠社長「ユーザーに最適なプランを多様性をもってお届けする時代になる。そういう意味では、安くなる方もいるだろうし、非常にたくさん使われる方。動画とかどんどん見られる方には、安心に使えるような、例えばアンリミテッドなプランがいいでしょうし」、「(楽天の参入も判断材料? )楽天さんも迎えて競争することによって、お客さまにいかに良いサービスを届けるか、そういう勝負がことし、繰り広げられるんじゃないかということで、頑張りたい」

消費税増税にともないスタートした、キャッシュレス決済によるポイント還元。

6月に終了することから、こんな声も…。

美容師(20代)「これから何か増えるのかな? そういうポイント還元がまたほかに新しくでるのかな」

7月以降もキャッシュレスはお得なのか?
スマホ決済サービス「メルペイ」を手掛けるメルカリの小泉文明会長に尋ねた。

メルカリ・小泉文明会長「キャッシュレスの仕組みを使って、いろいろキャンペーンをやっているんですけど、継続的にクーポンなどいろいろなことをやって、キャッシュレスの方に移行していくというのを後押ししてやっていきたいと思う」

では、2020年を賢くお得に暮らすには、どうすればいいのか。

企業トップに「家計を磨くためのキーワードを教えてください」という質問への回答をまとめた。

この中で、「キャッシュレス」というキーワードが、2社から挙がってきた。

みずほが挙げた「キャッシュレス + 情報銀行」。
情報銀行とは、人の同意を得て預かった個人データを企業に提供して、それをデータの提供者に対価を払う事業のことを指す。

みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、情報銀行で「家計にとって新しい1つの収入源にもなり得ると考えている」と発言をしている。

上田紀行氏(東京工業大学教授 リベラルアーツ研究教育院長)「(こうした中、2020年、わたしたちはどう家計を磨いたら良い?)これは個人差があると思うんですね。われわれ、実はお金に対する教育ってほとんど受けていないんです。あんなに算数とか理科とかやってるのに。だけど、自分がどういう人なのか。どんどん買って、例えばメルカリなどでどんどん売る。いいかもしれないけど、僕みたいな細かいことをあまりやりたくない人は向いていないんです。そういう人は、いいものだけを買って、それを大事に使っていく。どんどん回転させたい人が、そういうふうに流していく。自分の性格とお金がどういう関わりを持っているのかを、1人ひとりが自分自身に問うていくのが、豊かになるっていうことだと思いますね」

フジテレビ・風間晋解説委員「僕は、企業が言ってるほどには、給料が上がったと実感している人とその家族は、そんなにはいないと思ってるんですね。給料を上げるのは、なかなか難しい面があると思うんですが、でもそうであれば、例えば有給休暇を余計に取らせてリフレッシュしてもらうとか、家族との時間を増やしてもらうとか、そういう新しい形で経済を盛り立てていくことができるんじゃないかと」

(2020/01/07)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント