スポンサーリンク

簡単にできる!新型コロナウイルス予防策

in my Room

新型コロナウイルスの市中感染が爆発的に日本国内でも広がってきています。感染予防策として、「マスク着用」「手指消毒」「うがい」とインフルエンザ流行期と同様の予防策が推奨されていますが、実際に「マスク」が買えない。「手指消毒剤」が買えない。といった状況が続いています。

今回、一心病院の看護師のアドバイスとして、新型コロナウイルス予防策をお知らせします。

新型コロナウイルスは熱に弱い??

今回のウイルスは、熱に、弱いそうです。そのため、冷たい飲み物は、厳禁です。いつも、温かい飲み物、ぬるま湯を持ち歩いてください。

無限肺炎ウイルスの研究を行っている医師の方は、風邪を引いたときは、鼻水と痰があり、コロナウイルス肺炎は、鼻水のない乾いた咳なので新しいタイプのコロナウイルス肺炎である。

これが最も簡単な識別方法である。と言われいるそうです。

このような医療知識についてもっと知れば、予防に役立ちます。

今回の新型コロナウイルスは耐熱性がなく、26-27度の温度で死ぬそうです。そのため、やって欲しいことは・・・・

お湯をたくさん飲む。

です。また陽射し(外)の下に行ってください。 冷たい水、特に氷水を飲まないでください。 お湯を飲むことはすべてのウイルスに効果的です。

コロナウイルスに対する医師の助言

  1. ウイルスの大きさが非常に大きく、(セルの直径は約400-500nm)、すべての一般マスク(N95の機能だけでなく)もこれをフィルタリングすることができます。しかし、感染した人があなたの前でくしゃみをすれば、3メートル離れ、気をつけてください。
  2. ウイルスが、金属の表面に下がれば、12時間以上生存します。金属に触れた場合は石鹸で手を洗ってください。
  3. ウイルスは服で6-12時間活性化状態を維持することができます。洗濯洗剤はウイルスを殺します。毎日洗う必要のない冬服の場合、太陽の下に置いてウイルスを殺すことができます。

コロナウイルスによる肺炎の症状:

  1. のどを先に感染させ、のどが3~4日間持続される乾燥した咽喉感じを持つようになります。
  2. それでウイルスがコエクに混合され、気管に流れて入って肺に入って肺炎を起こします。この過程は5-6日が所要されます。
  3. 肺炎で高熱と呼吸困難が発生します。鼻腔の混雑は正常な種類と異なります。おぼれたように息苦しくなるでしょう。こんな感じなら、すぐに医師の診察を受けてください。

予防について

  1. 感染される最も一般的な方法は公開的に物を触ることなので、手をよく洗わなければなりません。ウイルスは5-10分の間いろんなところで発生することができます (目をこすったり、意図しないように鼻をさわれます)。
  2. 手をよく洗うことのほかにもBetadine Sore Throat Gargleでうがいをして、のどにいる細菌を除去したり、最小化することができます 。

新型コロナウイルス予防策として、看護師さんから教わった内容をお伝えしました。市中感染が流行っていますので、簡単に予防できる対策は積極的に行いましょうね。

コメント