スポンサーリンク

受動喫煙法改正!まだ喫煙行為を続けますか?

2020年4月から健康増進法の一部法改正が施行

2020年4月から、健康増進法の一部法改正が施行されています。望まない受動喫煙をなくすための取組が、マナーからルールへと変化しています。

喫煙行為は、喫煙者や喫煙者が吐き出した息に含まれる副流煙を吸い込むことによる、受動喫煙により健康に害を及ぼします。以前より喫煙行為は、『百害あって一利なし』と言われており、より喫煙者にとって風当たりの強い法改正となっています。

2020年4月の健康増進法の改正内容は?

飲食店やオフィス、事業所、交通機関など、上記以外の様々な施設が「原則屋内禁煙」に。原則屋内禁煙とされていますが、技術的基準を満たす喫煙専用室や指定たばこ(加熱式たばこ)専用喫煙室であり、喫煙専用室等の出入口に標識が掲示されている場合、その室内でのみ喫煙することができるようです。

受動喫煙対策は、望まない受動喫煙にさらされてしまうという問題を解決するための取組です。改正法によって、それがマナーからルールになり、守られない場合は罰則の規定も設けられました。従来のマナーと新たなルールによって、受動喫煙対策が進むことが期待されます。屋外や家庭などで喫煙する際にも、望まない受動喫煙を防ぐために、周囲へのご配慮が必要です。

たばこを吸う人もたばこを吸わない人も、それぞれがお互いの立場を尊重し、気持ちよく過ごせる環境をつくっていくことが必要です。

指定たばこ(加熱式たばこ)の種類って?

指定たばこ(以下、加熱式たばこ)は、フィリップ・モリス社が出している、iQOSがシェアの大半を占めており有名な商品となっています。それを追随するかのように、JT(日本たばこ産業株式会社)のプルーム・テック、BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)のglo(グロー)と3大メーカーでシェアを競い合っています。

加熱式たばこが、喫煙者に人気なのは、「喫煙後の臭い」が少ないこと、ニコチン、タール0をうたっているところです。(ニコチン、タール0のエビデンスはまだ証明されていないので、注意ください。)

加熱式たばこを吸っている方から聞く感想として、「加熱式たばこに変更してから、本数が減った」という感想を耳にします。しかしその反面、「吸いごたえが足りない」「吸い終わった後の後味が変な感じがする」といった声があります。

また加熱式たばこでは、紙巻たばことは違い、チェーンスモーキング(連続して喫煙する行為)が難しく、1度吸い終わってから、次に吸えるまで充電が必要とタイプのデバイスもあるため、一定の本数削減につながるのでしょう。紙巻たばこから加熱式たばこに切り替えてを吸うことで、一定の本数削減ができれば、もしかしたら、そのまま禁煙・卒煙もできるようになるのではないでしょうか。

2020年4月に施行された、健康増進法の一部法改正をきっかけに「禁煙」を目指してみませんか??

コメント