スポンサーリンク

「効率的な禁煙方法は?」〜禁煙外来 VS 自助努力〜

in my Room

「禁煙をしてみたい」と考えているがなかなか禁煙ができない。思っても続かない。という喫煙者の方は多いと思います。何かきっかけがあれば禁煙できるのではないか。と思っている方へ、「効率的な禁煙方法」としての情報をお届けします。

効率的に禁煙する方法1〜禁煙外来〜

効率的に禁煙する方法の一つとして、「禁煙外来」という手段があります。「禁煙外来」という言葉を聞いたことはありますか?

「禁煙外来」とは?

禁煙外来を実施している、病院・クリニックに行き、医師・看護師のサポートを得ながら、禁煙を行う方法です。

「禁煙外来」は、実施している病院は限られておりますが、成功率は極めて高い禁煙方法のひとつです。

なぜ成功率が高いのか?

なぜ成功率が高いのか・・・もちろん禁煙するために「内服加療」を行います。「内服加療」をおこなうことで、喫煙したい。という意欲が減少してくることが一つの要因と考えられます。

何よりも、一人で禁煙に挑戦せず、医師・看護師からのアドバイス、サポートを受けながら禁煙を行える。ということがすごくメリットのある部分だと思われます。

無料の治療ではなく、医療費は発生します。

病院・クリニックで、医師・看護師のサポートを得ながらの治療となりますので、「治療費」はかかります。

禁煙するのに治療費を払う必要あるの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、より確実に禁煙にする手段の一つとして、【禁煙外来】を受診して治療することも選択の一つではないでしょうか。

効率的に禁煙する方法2〜自助努力〜

禁煙をするために、お金はかけられない。どうせやるなら自分でやった方が絶対禁煙できる。と思われる方もいらっしゃるかと思います。

人からの支援を受けた時に、「我慢して」「何で吸っちゃったの?」とか言われたりするとストレスが溜まり、ますます禁煙できなくなる方っていらっしゃいますよね。

自助努力のみで禁煙する時に大事なのは、禁煙するぞ!という「覚悟」と強い「意思」ではないかと思います。

また、禁煙するきっかけも合わされば、より強く禁煙できる確率が上がりますね。

自助努力で禁煙するために必要なことは

  • 本人の禁煙するという強い「覚悟」
  • 本人の禁煙するという強い「意思」
  • 本人の禁煙するという行動を促す「きっかけ」

ではないかと思います。

そのきっかけをつかんで、強い「覚悟」「意思」を持ってすれば、自助努力でも禁煙ができるのではないでしょうか。